今年最後の授業。
Poivert先生の授業では、ジル・カロンのアーカイヴの管理者/近親者の方が来て、インタヴューするという授業だった。
途中、先生が今期の授業の主な論点を説明されてたので、以下メモし。